MENU

クロミッドを飲んでも卵胞が育たない私が妊娠した方法

クロミッド 卵胞 育たない

クロミッドを飲んでいるのに卵胞が育たないのは本当に辛いものがあります。

 

卵胞が育たなければ排卵もできず、妊娠のスタートラインに立つこともできない気がして絶望感を感じるものです。

 

そんな私もクロミッドを飲んでも卵胞の育ちが悪く、途中でしぼんでしまうことがありました。

 

結婚2年経過しても子供を授からず、原因を調べるために検査をした病院で「あなたは排卵したことがない」と言われ、その後クロミッドを飲んで卵胞を育て、何度も人工授精にトライしていました。

 

 

その過程には様々な壁がありましたが、今は我が子を胸に抱いて毎日が大変ですが幸せな日々を送っています。

 

 

当サイトでは多嚢胞性卵巣症候群の私が薬を飲んでも反応が悪く、IVFになる前に人工授精で授かった体験談をご紹介します。

 

同じようにクロミッドを飲んでも卵胞が育たず、子供を授かりたいのに授かれないでいる方の参考になれば幸いです。

 

(※私は医師ではありません。あくまで私の経験をご紹介しています)

排卵障害を抱える女性は増えている

生理がきているから排卵はしているだろうと思ってたのに検査をしたら排卵をしていないことが判明する女性は増えてきています。

 

排卵障害になる理由は人それぞれですが、生理周期が正常ではない、基礎体温が2層にならないなどの症状が見られたり、過度なダイエットをしていた、ストレスを常に受けている、生活が不規則な女性も排卵障害になる原因です。

 

特に排卵障害の中でも多いのが多嚢胞性卵巣症候群です。

 

多嚢胞性卵巣症候群はPCOS(ピーコス)とも言われ、男性ホルモンの分泌が多いため卵胞が育ちにくく、不妊の原因の一つとして挙げられます。

 

エコーで卵巣をみると小さな卵胞が連なるネックレスサインが見えるのが特徴です。

 

また個人差はありますが男性ホルモンの分泌量が多いため多毛、ニキビ、肥満体質の方が多い傾向があります。

 

そんな私も排卵障害を抱え、多嚢胞性卵巣症候群に近いと診断されました。

 

多嚢胞性卵巣症候群の人が卵胞が育たない原因

多嚢胞性卵巣症候群と診断される女性はインスリン抵抗性(インスリンが効きにくい体)で血中のインスリン値が高い傾向があります。

 

血中のインスリンは男性ホルモンを抑制する成分の産生を抑制してしまうため、男性ホルモンの分泌量が多くなってしまいます。

 

すると女性ホルモンバランスが乱れてしまうため、その結果卵胞が育ちにくくなります。

クロミッドを飲んでも卵胞が育たない原因は?

そもそもクロミッドを飲んでも卵胞が育たない原因として

 

クロミッドの強さ(飲む量)が足りていない

クロミッドの耐性がついてしまった

ホルモンの刺激がいくつもの卵胞に分散されてしまうため育たない

 

などが考えられています。

 

排卵障害を抱えている女性がクロミッドを飲むと約75%の人が排卵すると言われています。

 

ということは、残りの25%の方はクロミッドを飲んでもうまく排卵することができないということです。

 

排卵できない理由に卵胞の育ちが悪く、途中でしぼんでしまったり、全く卵胞が育たないなどが挙げられます。

 

初めてクロミッドを飲んだ時は卵胞が育ったのに、2回目、3回目と繰り返しているうちに徐々に卵胞が育たなくなった方もいらっしゃると思います。

 

この場合クロミッドに対し体に耐性がついてしまったことが原因です。

クロミッドで卵胞が育たない場合の対処法

排卵障害を診断された場合、まず処方される薬がクロミッドです。

 

クロミッドを飲むと脳の視床下部から性腺刺激ホルモンが放出され、卵胞が育つ過程に刺激を与えることができます。

 

しかし、クロミッドを飲んでも卵胞の育ちが悪い方もいます。

 

クロミッドを飲んで卵胞がそだなかった場合、医師はどうするかというとより強い薬を処方します。

 

クロミッドを飲む量を増やす、それでもダメならより強い排卵薬である注射(hMG)を打つ、それでもダメならIVFと。

 

不妊治療をする上でステップアップすることは大切です。

 

ですがより強い薬にすると不安なのが副作用、OHSSの心配、費用、通院の時間的な負担です。

 

またクロミッドは
「頚管粘液」の分泌を低下
長期服用により子宮内膜が薄くなる
卵胞が複数育ち多胎になる確率が高くなる

 

といったデメリットが挙げられます。

 

排卵をしても子宮内膜が薄くなってしまったら着床できないですよね?

 

特に卵胞の育ちが悪い私は黄体期が短く黄体機能不全も抱えていました。

クロミッドで卵胞が育たない時に私がしたこと

体外受精をしても必ず授かるとは限らず、さらに高額な費用がかかってしまうため、できれば人工授精で授かりたいというのが私の希望でした。

 

多嚢胞性卵巣症候群でクロミッドを飲んでも卵胞が育たたず、恐怖と絶望感に陥った私は薬で卵胞が育たないならどうすればいいの?と毎日不安を抱えてはネットで検索していました。

 

ネットで調べると同じように悩む人が多い中で、こういう体質なのだからしょうがないのか…と落胆していた時に、排卵障害を改善するベジママというサプリメントに出会いました。

ベジママってなに?

ベジママは排卵障害をサポートする「ピニトール」と妊娠初期に必要な葉酸やビタミンなどが配合されたサプリメントです。

 

ベジママは薬ではなくサプリメントなので副作用がなく、さらに飲み続けることで体質改善を行い「自分のちからで排卵する力をつける」ことが期待できるサプリメントです。

 

私は薬で無理やり育てた卵胞よりも自分の力で育てあげた卵胞のほうが質が良く、受精後もより健康的に成長してくれるのではないかと思いました。

 

薬で卵胞を大きくして卵子を排卵させても、そのあと赤ちゃんに成長できる強い卵子でなければ意味がないですよね。

 

薬の副作用の辛さ
効き目が頭打ちになる恐怖
自力で排卵する力を強めたほうが卵胞が育ちそう
年齢的な焦り

 

などの気持ちから、1回だけお試しでベジママを購入しました。

ベジママを飲んだ私におこったこと

ベジママを飲む前の私は卵胞の育ちが悪く、薬を飲んだとしても通常の排卵予定日に卵胞が育つことはまずありません。

 

2日後、3日後と毎日病院に行ってエコーを見ては、育つどころか徐々にしぼんでいく卵胞を見るのがほとんどでした。

 

ですが、私がベジママを飲んだところ、ベジママが届いて飲んだ周期で普段1つしか育たない卵胞がその周期は左右でそれぞれ1つずつ育ち、14日目でピッタリ排卵!!

 

無事に人工授精ができ、なんと、その周期で妊娠することができました。

 

 

今思うと、グングン卵胞が育ちその周期で妊娠ができたということは、やはり卵胞(卵子)が育つのは質が良い卵子が育っているのを目で確認できる一つの指標なのだなと感じました。

 

普段、クロミッドを飲んでも卵胞が育たず、むしろ卵胞がふにゃふにゃになっていくのは卵子の質も良くなかったためかもしれません。

 

薬は卵胞を育てますが、卵子の質を高める働きはないので、やはり質の良い卵子を排卵させるには自分の体質を変えるしかないのだとその時はっきりと実感しました。

 

クロミッドを飲んでも妊娠できなかった私ですが、ベジママを飲んでから明らかに卵胞の育ちが違いました。

 

いつも途中でふやふやになって小さくしぼんでいく卵胞ではなく、境界がはっきりとエコーにうつる卵胞だったこと。

 

そしていつも1つだけ育てばいいところ卵胞が2つも育ち、排卵できたのはまさに奇跡でした。

卵胞が育たない人に選ばれているベジママ

ベジママは今卵胞が育たない人に選ばれているピニトール配合の葉酸サプリメントです。

 



2017.4.30 数年前に多嚢胞性卵巣症候群と診断され、2?3年ピルを飲んでいました。 しばらくして多嚢胞性卵巣症候群も改善されたのにずっとピルを処方されるのでこのまま飲み続けていて大丈夫なのか?と思いピルを辞め病院を変え、漢方を飲み始めた去年の10月。 私は保育士をしていることもあり、4月はバタバタ忙しい時期。不正出血が…。 病院に行くと多嚢胞性卵巣症候群と診断される。またか???とかなり凹みました(;_;) でも赤ちゃんは欲しい!ネットでたくさん調べて買ったのが、これ。まだ飲み始めたばかりなので効果は分かりませんが、効果があることを信じて飲み続けよう思います! #多嚢胞性卵巣症候群#妊活#ベジママ#ママになりたい#ママになる#妊活仲間募集中 #旦那にいつ話そうかなー#大きな悩み

yxmrnnさん(@yxmrnn)がシェアした投稿 -


 

ピニトールは水溶性のビタミンで、卵胞の育ちを阻害している原因に働きかけて排卵をサポートする働きがあります。

 

薬は強制的に卵胞を育てるように働きかけますが、ベジママは卵胞が育たない原因をブロックするので、この二つを併用して妊娠される女性も多いようです。

 

もちろんベジママはサプリメントなので薬の邪魔をすることがありません。

 

マカは女性ホルモンバランスが変わってしまうため中には逆に排卵されなくなってしまう女性もいますが、ベジママは女性ホルモンに直接働きかけることはないので、マカで見られる副作用などもありません。

 

ピニトールは不妊治療の先進国であるアメリカではすでに治療の現場で使われている成分で、日本でもピニトール配合の葉酸サプリメントが増えてきました。

 

ピニトールはアイスプラントにも含まれている成分ですが、普段の食事から十分なピニトールを摂取することは困難です。

 

そこで1日に必要なピニトールを摂取できるのが葉酸も配合された妊活葉酸サプリのベジママです。

 

 

ベジママ

ベジママの特徴

排卵障害・多嚢胞性卵巣症候群に悩む女性に選ばれている葉酸サプリメント
永久保証制度つき
●ピニトール成分が排卵をサポート
●継続縛りなし
●卵胞の育ちをサポート

価格 2,750円
評価 評価5
備考 永久保証制度つき 全国送料無料
ベジママ

ベジママは普通の葉酸サプリメントとは異なりピニトールが配合されていることが特徴です。薬で無理やり卵胞を育てるのではなく自分自身で卵子を育てる力をサポートするので薬では得られないサポートをきたいできます。
「味が合わない」「あまり効果が感じられない・・・」という理由でも返金してもらえる永久返金保証付きで安心です。

 

自分で排卵力を高めるにはどうすればいいの?

自分で質のよい卵子を育てて排卵させるためには、体質改善も必要です。

 

排卵障害を抱えている女性は、体が排卵(妊娠)するための状態が整っていないという体からのSOSです。

 

体から発せられたSOSを受け止め、妊娠しやすい体にするためには食生活を見直し、生活習慣を改めることが大切です。

 

普段食生活が偏っている方(ダイエットで厳しい食事制限をしたことがある方)などは、食生活を正すことでホルモンバランスが整えることができます。

 

また適度な運動、睡眠時間の確保、規則正しい生活を送ることが大切です。

妊活で見直す生活習慣

からだに良いものを食べる

妊娠につながる大事なポイントは、食生活の見直しです。なぜなら自分の体作りは、赤ちゃんのベッド作りだからです。

 

まず、積極的に食べたほうがいいもの、それは、良質の脂と抗酸化食品です。

 

良質の脂とは、亜麻仁油、シソ油、青魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3系の脂です。

 

アブラって、太りそう…そう思われがちですが、女性の体にとって重要なホルモンや、細胞膜、各種の伝達物質は脂からつくられているので、脂の摂取は重要なのです。

 

また抗酸化食品の大豆のイソフラボン、ごまのセサミン、ビタミンB群なども積極的に食べましょう。

NGな食べ物を避ける

体によい食べ物もあれば、よくない食べ物もあります。

 

基本的に、体を冷やす食べ物、飲み物はNGです。まずは、コーヒーにふくまれるカフェイン。

 

意外ですが、カフェインにも体を冷やす性質があります。一日一杯程度ならかまいませんが、何杯も飲む人は注意しましょう。

 

同じカフェインですが、紅茶や緑茶は、体を冷やす作用がまだ少ないようです。

 

あとは、当たり前ですが、冷たい食べ物、飲み物にも注意です。

 

冷たいPETボトルのお茶やジュース、アイスクリームや冷やしたスイーツ、大変魅力的ですが、確実にからだは冷えてしまいます。

 

ほどほどにしましょう。もちろん、冷たいアルコール類もNGです。冷えた生ビールよりも、お湯割りなどを選びましょう。

痩せすぎ厳禁、適正体重になろう

いまの女性は、ほとんどがダイエット経験者であり、もっとやせたいという願望を持っているといわれます。

 

けれど、その細い折れそうな体、赤ちゃんを迎える準備ができていますか?

 

いい女性ホルモンの分泌が期待できるとされるBMI数値は「22」です。

 

やせすぎると脳が卵巣の機能を低下させるので、無月経になることもあります。

 

例えば、身長160cmで体重が47kgなら、普通体形と思われがちですが、でも47kgはBMI18.5未満。

 

つまりやせすぎです。BMI22を理想とすると約56kg。この体重がいちばん健康でいられる数値なのです。

 

赤ちゃんをはぐくむ体を意識し、生活習慣を見直しましょう。

冷え性は改善しましょう

スタイリッシュな服を着こなすのは、楽しいですね。けれど、ファッションに気を遣う方にこそ、守って欲しいものです。

 

身体を締め付ける下着や衣服を身につけるのはNG。締め付けることで血液の流れが滞ってしまうので、冷えの原因になります。

 

なんと、不妊女性の多くは冷え性だという衝撃のデータもあります。

 

冷えると卵巣に酸素や栄養が十分に届かず、卵巣機能の低下を招いてしまうのです。

 

特に女性は脂肪が多いので、おなかや腰、内ももなどは冷えやすくなります。

 

なぜなら脂肪には血管が通っていないからです。そこをカイロや湯たんぽで温めると、足腰の冷えを軽減できます。生理痛対策にも取り入れてみてくださいね。 

骨盤の歪みを正す

女性の子宮はちょうど体の真ん中、骨盤の中にあります。

 

なので、骨盤自体が歪んでいると子宮への血の流れが滞り、子宮が正しい位置でなくなったりします。そうすると、とても妊娠しやすいからだであるとはいえません。

 

試しに、鏡の前にまっすぐ立ってください。どちらかの肩が上がっていたり、横になってみて、腰の部分にこぶし大ほどの空間があいていませんか?

 

このような場合は、骨盤が歪んでいる可能性があります。そこで、骨盤を正しい位置に戻すストレッチを試してみましょう。

1.仰向けに寝て膝を立てて両手を広げます

2.膝をくっつけたまま、膝を右に倒して30秒

3,次に左へ30秒

 

これだけで、骨盤位置がだいぶ矯正できます。ぜひ試してください。

このページの先頭へ